日本の政策期待からFXでは円安ポジションに妙味

subpage01

日本では7月10日に国会議員の選挙が終わり、次は政策期待が出ています。そのため、為替市場では100円台から反転をして、急速に円安が進んでいます。



今後においても、日本の景気を刺激する政策が出てくることを背景として、円安が進む可能性があります。
そうした環境から、今はFXでは円安方向のポジションに妙味が大きくなっています。



日本においては、7月の末に追加の金融緩和政策が出てくる期待があることも、為替市場で円安が進む材料となり得ます。

したがって、7月の金融政策決定会合があるまでは、FXでは円安ポジションを何度も取る収益機会が訪れると考えます。

@niftyニュース情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

日本では今年に入ってからは、景気の鈍化傾向が起こっています。

そのため、日本では財政政策や金融政策を積極的に行う必要性が高まっています。

そうしたことを背景にしてヘッジファンドなどでは、円高へのポジションを傾け難い状況が生まれています。


したがって、現在はドル円は円安に動きやすい状況が出ていると考えます。
ドル円としてはフシ目の106円台を抜けてくると、110円を目指す動きも出てくる可能性があります。そのため、現在のFXの戦略としては早めに円安のポジションを取り、さらに106円を抜けてくるようであれば、追加のポジションを持つようにしたいです。その後、7月の末の政策決定会合前にはポジションを閉じておきたいところです。
政策決定会合で何も出てこなければ、円高になるリスクがあるからです。